2014年8月16〜18日 ガントリークレーン移設作業 @名古屋港

P8171238「武蔵」が名古屋港に来るというのは、既にブログでも紹介させていただきましたが、名古屋港は船舶の動向が詳細に公開されているエリアであるため、かなり計画的に見に行くことができました。

「武蔵」が名古屋港に入港したことは、8月16日にAISや名古屋港海上交通センターのライブカメラで十分に確認でき、上手く撮影できる場所がどこか、GoogleMapでチェックしてからの旅支度となりました。

なお、名古屋港の岸壁のほとんどはSOLAS条約により近づくことができず、監視カメラ付きのフェンスに囲まれています。最接近できるはずの名古屋港海上交通センターの周辺も、立ち入り禁止区域となっており、先ほどの写真は船から2kmほど距離のある金城ふ頭駅周辺からの撮影となりました。

P81712348月17日の早朝、金城ふ頭から望遠で撮影した「武蔵」の雄姿。ライブカメラを覗いてるだけでは、今回何を吊るのかわかりませんでしたが、ガントリークレーンの移設作業だったようです。私が到着して、すぐに吊り上げが始まりました。

P8171249軽々持ち上げますねぇ…。ガントリークレーンって1機あたりどれくらいの重量があるんでしょうか?  「武蔵」は3700tまで吊れるようですが…。

P8171257ガントリークレーンを持って、西側の弥富ふ頭に曳航されていきました。

金城ふ頭駅前からタクシーを飛ばし、「とりあえず、立ち入り禁止区域じゃない一番奥まったとこまで!」とドライバーさんに頼み、弥富ふ頭には「武蔵」よりも先に到着しました。

P8171259SOLAS条約のフェンス越しに「武蔵」がやってきました。

P8171269元々この埠頭は自動車の輸出が主だった利用であり、ガントリークレーンは1機も無かったのですが、コンテナ化する計画でもあるのでしょうか。第一号クレーンとして、新日鉄からのお引越しです。

P8181284翌18日の朝8時半。既にガントリークレーンからフックは外れ、後片付けの最中でした。

P8181286ゆーっくりとワイヤーを巻き上げていき…

P8181291弥富ふ頭を後にします。去り際もかっこいい。

P8181298このまま神戸経由で、相生港まで曳航されていくようです。台風で1週間遅れの作業となりましたが、お疲れ様でした。

両日の「武蔵」の動きはこちらの動画から。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする