大阪港埋立工事でのケーソン据付作業

昨日まで全く知らなかったのですが、大阪港での新島建設工事に伴うケーソン据付作業を、深田サルベージの「武蔵」が担っているようです。

阪南港でケーソンを6函製作し、それを大阪港の現場まで1函ずつ曳航し、据付するという作業の繰り返しとのことですが、台風8号の影響により「武蔵」が相生港に避難したため、現在は作業が中断している様子です。週末に「武蔵」が阪南港に帰ってきますで、予備日を使用しての作業になるようです。

情報は大阪港航行安全情報センターから。
工事のお知らせ

WK1_800_jp


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする